×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

和裁検定ってどんな資格

和裁検定って、一体どんな資格なんでしょうか?

和裁検定のことを御存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、和裁検定とは、字のごとく、和服を仕立てるのに必要な知識や技術を認定する検定なんです。難易度は、そんなに高くはないですよね。どちらかといえね、易しい方ではないでしょうか。合格率も、1級は約35パーセント、2級も35パーセント、三級は50パーセント、4級は95パーセントです。

1級から3級までの試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)内容は、実技(女子用あわせ長着)、部分縫い、筆記試験となっています。4級の試験内容は、実技(女子用浴衣)、筆記試験です。4級の取得を目指す場合は、和裁教室に3ヵ月ほど度通って勉強(大人はみんなやっとけねよかったと後悔するものですね)すれば取得可能でしょう。しかし、それ以上のレベルを狙うのであれば、和裁の専門学校(二年以上の修業期間、1700時間以上の年間授業時間、試験などによる成績の評価と課程修了認定という条件を満たせ、専門士という学位を取得できるでしょう)で勉強することをオススメします。

4級・3級は、家庭で和裁を活用できるレベルで、2級・一級は、和裁士として仕事ができるレベルになります。試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)日程は7月の下旬頃で、受験資格は特にませんし、何級からでも受験できます。そして、合格発表は8月中旬頃です。また、受験料は級によって違いますが、1級で1万5750円、2級で1万3630円、3級で1万500円、4級で5250円のです。和裁検定を持っていると、どんな就職先があるのかについてですが、呉服店などの着物業界や、専門学校が主になります。仕事の内容としては、長着・羽織・袴などを、裁断したり、縫製したり、仕立てたりなどです。それに、実力があれば、自宅で和裁教室を開くことも可能でしょう。

和裁検定の受験概要

和裁検定の受験概要や対策に関して、詳しくご紹介していきますね。和裁検定の受験概要ですが、受験資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)については特に制限はありません。学歴や年齢、性別、国籍など関係なく、どんな人でも何級からでも受験する事ができます。

和裁検定の試験科目ですが、1級・2級・3級は、実技が女子用あわせ長着(1級は九時間、2級は7時間半、三級は6時間半)、部分縫い(被服の種類についての出題区分表の範囲から)、筆記(和裁の常識と裁断図解)です。4級につきましては、実技が女子用の浴衣(6時間)、部分縫い(運針、くけ)、筆記(和裁の常識と裁断図解)になります。受験の申し込みは、5月上旬から中旬頃で、試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)は7月中旬、そして、合格発表は8月上旬頃です。試験の開催地については、東京(一級から4級)、高松・佐世保(2級から4級)となり、級によって畭なるため、気をつけましょう。

試験の受験料金は、1級が15750円、2級が13650円、3級が10500円、4級が5250円です。また、和裁検定の難易度ですが、そんなに高くありません。比較的易しい検定ですので、合格率もそんなに低くはないようです。1級で35%、二級で35%、3級で50%、4級で95%です。和裁検定を受検する際の対策ですが、4級を受験したい人は、和裁教室に通って勉強するとよいですよ。おおよそ目安として3ヶ月程度です。3級以上の級を目指す方は、専門学校に通い、しっかりと技術と知識を身に付ける必要があります。

和裁技能士

日本の伝統衣装である和服を、専門的知識と技能で仕立てる和裁技術者が対象の資格が、和裁技能士(国家資格)です。和裁技能士は三級から一級までの3段階があり、試験は和服製作作業の実技と、学科があります。

着物は洋服のように流行による変化がほとんどなく、特に縫い方は不変のものがあります。一度覚えた技術は、まさに一生通用することでしょう。着物のよさが見直されてきている今日、日本の伝統的な美しい着物にふれる仕事は、美的な感性も磨かれていくことでしょう。「和」のよさが見直されている昨今、大切な日本の意匠を未来につなげていく仕と言う事なんです。

【和裁検定】
振袖(振袖・中振袖・小振袖の三種類があり、それぞれ袖の長さが畭なります)・訪問着に代表される日本の伝統衣装である和服を、専門的知識と技能で仕立てる和裁技術者を対象にした資格が、和裁検定です。4級から1級まであり、年代に関係なく仕事を継続させたい場合は二級以上、プロとして認められるには1級の取得が必要でしょう。各級とも学科と実技で判定されます。着物ブームの復活や、アンティーク(新品を買うよりもずっと高いものも少なくありません)着物の人気、あるいは着物のリフォーム(それなりの手間や費用が掛かってしまうものです)など、和裁の知識や技術が活かせる分野はいろいろあります。

【着付師】
着付師は、結婚(人生の修行だという説もあります。最も修行になる相手とパートナーになるんだとか)式、成人式、七五三などで、和服を着る人に着付けを行います。美容院や結婚式場などと契約し、単に着付けるだけでなく、顧客の好みや個性にあった和服の見立てなど、アドバイザーとしても期待されます。教室(何かを教わるのであれね、そのクラスの人?も重要になってきます。多人?のクラスになるほど、一人一人に合わせられなくなるでしょう)や団体によって、様々な流派・資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)認定制度が存在しています。教室などで専門知識と技術を身につければ、誰でも査定(金額の他、等級や合格・不合格などを調査に基づいて決めることをいいます)審査に挑戦できるものから、美容師資格が必要となるものなど、内容も多岐にわたります。場合によっては、着付け教室などの開業も夢ではありません。着物ブーム(日本人は特に流行に踊らされやすい傾向にあるのではないでしょうか)復活に伴い、活躍の場の広がりが期待できます。